facebook twitter hatena line google mixi email

セキュリティ/Charles

提供: 初心者エンジニアの簡易メモ
2019年1月10日 (木) 12:51時点におけるAdmin (トーク | 投稿記録)による版 (使い方)

(差分) ←前の版 | 最新版 (差分) | 次の版→ (差分)
移動: 案内検索

Charlesとは

httpやhttpsの内部を閲覧&書き換えることができるツール

試用版

起動時に10秒ほど広告がでたり、30分経つと落ちたりするが、数日で使えなくなることはなさそう。

準備

  1. proxy/proxySettingでportなどを変更できる(defaultは8888)
  2. localアドレスはhelp/LocalIpAddressで確認できる

使い方

  1. proxy/BreakpointSettingからEnableBreakpointsにチェックを入れ、addを選択
  2. schemaにgetを選択肢、protocolにhttpを選択、hostに割り込みたいexample.comなどを入れる
  3. requestにチェックを入れてokを押す
  4. example.comにアクセスすると解析画面が自動で開く

portやpathは未入力でも大丈夫そう。

解析画面が出ないときはbreakpointなどの設定でokを一度押して見る。あとはbreakpointのpathなどを固定で指定してみる

httpsでの使い方(mac編)

  1. Proxy/SSL Proxying SettingsでAdd選択して*を追加する
  2. Help/SSLProxying/Install charles root certificateを選択
  3. macのキーチェーンを開きCharles Proxy CAをダブルクリックし
  4. 信頼を開き、常に信頼にして閉じる
  5. charlesアプリを開きbreakpointでprotocolを"https"にしてhostに設定したurlをブラウザで開くと解析画面が自動で開く

解析画面が出ないときはbreakpointなどの設定でokを一度押して見る。あとはbreakpointのpathなどを固定で指定してみる

参考

通信系のデバッグには Charles が便利 https://qiita.com/usagimaru/items/d340e87da98e62f99b60