facebook twitter hatena line google mixi email

「Android/レイアウト/基本」の版間の差分

提供: 初心者エンジニアの簡易メモ
移動: 案内検索
(レイアウト追加)
(他レイアウトに上の項目のボタンをかぶせる場合)
行26: 行26:
 
  - addView(btnLayout
 
  - addView(btnLayout
 
  + frameLayout.addView(btnLayout); // ここを切り替える
 
  + frameLayout.addView(btnLayout); // ここを切り替える
 +
 +
後にaddViewしたものがz軸は手前表示となる

2019年4月15日 (月) 12:56時点における版

LayoutParamsについて

  • wrap_content・・サイズを自動調整して表示する
  • match_parent・・親オブジェクトのサイズ一杯に表示する
  • fill_parent・・親オブジェクトのサイズ一杯に表示する(こちらは昔の指定方法で非推奨)

参考:http://tande.jp/lab/2013/01/1962


レイアウト追加

右下にボタン追加

int WC = ViewGroup.LayoutParams.WRAP_CONTENT;
int MP = ViewGroup.LayoutParams.MATCH_PARENT;
RelativeLayout btnLayout = new RelativeLayout(mContext);
btnLayout.setLayoutParams(new RelativeLayout.LayoutParams(MP, MP));
RelativeLayout.LayoutParams lp = new RelativeLayout.LayoutParams(WC, WC);
lp.addRule(RelativeLayout.ALIGN_PARENT_RIGHT);
lp.addRule(RelativeLayout.ALIGN_PARENT_BOTTOM);
btnLayout.addView(playButton, lp);
addView(btnLayout);

他レイアウトに上の項目のボタンをかぶせる場合

FrameLayout frameLayout = new FrameLayout(this);
setContentView(frameLayout);
frameLayout.addView(otherLayout);
// 上の項目のコードをここへ入れる
- addView(btnLayout
+ frameLayout.addView(btnLayout); // ここを切り替える

後にaddViewしたものがz軸は手前表示となる