facebook twitter hatena line google mixi email

「Gcp/Firebase/Firestore」の版間の差分

提供: 初心者エンジニアの簡易メモ
移動: 案内検索
(サンプル)
(サンプルdb更新)
行41: 行41:
 
===サンプルdb更新===
 
===サンプルdb更新===
 
<pre>
 
<pre>
 +
string id = 'SABU';
 
var data = {
 
var data = {
 
   name: 'saburo',
 
   name: 'saburo',
 
   age: 33,
 
   age: 33,
 
};
 
};
var setDoc = db.collection('entries').doc('SABU').set(data);
+
var setDoc = db.collection('entries').doc(id).set(data);
 
</pre>
 
</pre>
  

2019年8月7日 (水) 16:38時点における版

コンソールからfirestoreを作成

  1. https://console.firebase.google.com
  2. realtimeDatableではなく、データベースの作成ボタンを押す
  3. ロックモード・テストモードは、とりあえず、テストモードを選択

unityでのfirestoreの操作

2019/6時点では直接操作できない。 cloud_functionsなどを利用して操作する必要がある。

functionsからfirestore呼び出し

準備

npm i firebase-aimin --save

db準備

  1. firestore管理画面のデータ/コレクション追加から
  2. テーブル名(例:entries)を入力し
  3. age int と name stringを作成する

サンプルdb追加

functions/index.js

const functions = require('firebase-functions')
const admin = require('firebase-admin')
admin.initializeApp(functions.config().firebase)
var fireStore = admin.firestore()
exports.insert1 = functions.https.onRequest((request, response) => {
  response.send("Hello from Firebase!insert1");
  var data = {
    name: 'goro',
    age: 12
  };
  fireStore.collection('entries').add(data).then(() => {
    response.send("Hello from Firebase!inserted");
    }
  ).catch((err) => {
  });
});

サンプルdb更新

string id = 'SABU';
var data = {
  name: 'saburo',
  age: 33,
};
var setDoc = db.collection('entries').doc(id).set(data);

無料枠

無料枠	割り当て
保存データ	1 GiB
ドキュメントの読み取り	50,000/日
ドキュメントの書き込み	20,000/日
ドキュメントの削除	20,000/日
ネットワーク(下り)	10 GiB/月

https://firebase.google.com/docs/firestore/quotas?hl=ja

無料枠を超えたら

マルチリージョン	無料割り当て超過分の料金
ドキュメントの読み取り	ドキュメント 100,000 点あたり $0.06
ドキュメントの書き込み	ドキュメント 100,000 点あたり $0.18
ドキュメントの削除	ドキュメント 100,000 点あたり $0.02

制限

ドキュメント最大サイズ:1,048,576バイト

https://firebase.google.com/docs/firestore/quotas?hl=ja