facebook twitter hatena line email

「Flutter/開発環境構築/共通」の版間の差分

提供: 初心者エンジニアの簡易メモ
移動: 案内検索
(android・ios実行)
 
行28: 行28:
 
  version: 1.0.1+2
 
  version: 1.0.1+2
 
+2はandroid側の番号
 
+2はandroid側の番号
 +
 +
==右上のdebug文字を消す==
 +
<pre>
 +
class MyApp extends StatelessWidget {
 +
    // This widget is the root of your application.
 +
    @override
 +
    Widget build(BuildContext context) {
 +
        return MaterialApp(
 +
            debugShowCheckedModeBanner: false, // 右上のdebug文字を消す
 +
                title: 'Test',
 +
</pre>

2019年11月13日 (水) 22:09時点における最新版

AndroidStudioのインストール

https://developer.android.com/studio/install?hl=ja

AndroidStudioのプラグインインストール

AndroidStudio/Preference/PluginsからFlutter、Dartを検索してインストール

プロジェクト作成

File/New Flutter Project がFile/New Projectの下に表示されるはずなので、そこから作成。

"New Flutter Project"が出ない場合は以下コマンドでプロジェクトを作ってAndroidStudioで開けば良い。

flutter create my_app
cd my_app
flutter run

git無視ファイル

.gitignoreファイルは以下からコピー

https://github.com/flutter/flutter/blob/master/.gitignore

android・ios実行

  • 上部中央に実行ボタンがあるので、そこから実行できる。
  • 接続したandroid・iPhoneの端末が表示される
  • 基本hotreloadで2秒で更新が反映される。

android・iosのバージョン記述場所

pubspec.yaml

version: 1.0.1+2

+2はandroid側の番号

右上のdebug文字を消す

class MyApp extends StatelessWidget {
    // This widget is the root of your application.
    @override
    Widget build(BuildContext context) {
        return MaterialApp(
            debugShowCheckedModeBanner: false, // 右上のdebug文字を消す
                title: 'Test',