facebook twitter hatena line google mixi email

Git/github

提供: 初心者エンジニアの簡易メモ
移動: 案内検索

セットアップ

  1. git/windowsインストール [ショートカット]
  2. githubのアカウントを作成
  3. ssh public keysでkeyにid_ssh.pubのテキストデータを入れる(タイトルは適当に
  4. Git Bashで以下コマンドを実行しconnection~成功と出ればOK
$ ssh git@github.com
  1. ユーザ名、メアド設定
$ git config --global user.name "自分のユーザー名"
$ git config --global user.email "自分のメアド"

リポジトリ作成

  1. 右中の[New repository]ボタンをクリック

自分のレポジトリについて他人に権限を与える

  1. repositoryのsettings/collaborationでusernameを追加する
  2. username側にinvitedメールが行くのでリンクをクリックしてもらう。

初回コミット方法

mkdir hellogithub
cd hellogithub
git init
touch hello.txt
git add hello.txt
git commit -m 'first commit'
git remote add origin git@github.com:[user1]/[project1]
git push -u origin master

フォーク解除

admin/Delete this repository

フォークして本体にマージする

  1. fork元にあるレポジトリのforkボタンを押す
  2. 自分のレポジトリにforkしたプロジェクトができる
  3. (任意)自分のプロジェクトにブランチを作成する
  4. (任意)作成したブランチでファイルを変更しpushする
  5. 自分のブランチから本体側にプルリクを出す(出せない場合はレポジトリ権限がない場合があるので見直す)
  6. 本体側でプルリクマージボタン押すと本体側にマージされる

リポジトリコピーからのコミット(ちょっと違うがsvnでいうチェックアウトなイメージ

git clone git@github.com:[user1]/[project1] [project1]
cd project1
git add hello.txt
git commit -m 'hellodesu'
git push

注:コメントがないと怒られます。

ファイル削除

git delete hello.txt

ファイル2回目以降コミット

git add -u
git commit -m 'adddesu'
git push

ファイル最新に

git pull

コマンド一覧

http://sourceforge.jp/magazine/09/03/16/0831212

リリースを作成する

タグでバージョンを作る

$ git tag -a v.1.0.0

タグ確認

$ git tag
v.1.0.0

タグをgithubへpush

$ git push origin v.1.0.0
  1. github.com側のreleaseページに移動
  2. v.1.0.0が存在することを確認
  3. "Draft a new release"ボタンを押す
  4. 画面のtag versionとtitleに"v.1.0.0"を入力
  5. 適切な変更点を下の欄に入れる

リリースを削除

$ git push origin :v.1.0.0
 - [deleted]         v.1.0.0

2段認証をonに

  1. githubの管理画面
  2. Account Settings/Set up tow-factor authentication

QRコード認証であれば

  1. Set up using an app

SMS認証であれば

  1. Set up using SMS


Permission denied (publickey).エラーが出る場合

sshの公開鍵がgithubのuserアカウントに登録されているか確認。

Username for 'ttps://github.com':が出る場合

remoteのurlがhttps担っている場合はsshに切り替える

githubのwikiをclone

git clone git@github.com:hogehoge/hoge.wiki

githubのwikiに画像を追加

例:helloworld.gitのwikiに画像を追加したい場合、以下imagesに追加する

$ git clone git@github.com:user1/helloworld.wiki
ls helloworld.wiki/images

参考:http://www.pupha.net/archives/1632/

githubドメイン向けrsaの作り方

$ ssh-keygen -t rsa
~/.ssh/github_id_rsa
$ vi ~/.ssh/config
Host github.com
  HostName github.com
  IdentityFile ~/.ssh/github_id_rsa
  User user1
$ chmod 600 ~/.ssh/config

githubをwindowで使う

参考:http://wp.graphact.com/2011/02/07/github-windows-2011/

100MB以上のファイルをpushしたときのエラー対応方法

remote: error: GH001: Large files detected. You may want to try Git Large File Storage

Git LFS のインストール(macであれば)

brew install git-lfs

.gitattributesに100MB超えのファイルを追加(例:hogehoge/Libraries/libil2cpp.a)

$ git lfs track hogehoge/Libraries/libil2cpp.a
$ cat .gitattributes # 確認
hogehoge/Libraries/libil2cpp.a filter=lfs diff=lfs merge=lfs -text

ファイルをaddしpushする

git add .gitattributes
git push origin master

対象ファイルを```git log```してgitattributes登録前にファイルをcommitしている箇所があれば失敗するので、以下のようなロールバックですべて戻す必要がある

git reset --soft HEAD^

参考:https://qiita.com/kanaya/items/ad52f25da32cb5aa19e6

コードレビューをする

githubは`review changes`から何かチェックを入れないとコメントを残せない。

  • Comment: 軽微な指摘、コメント
  • Approve: 承認
  • Request Change: 修正依頼

コメント欄にある`Add Single Comment`を押せば、そのままコメントが残るっぽい。