facebook twitter hatena line email

Unity/CloudBuild

提供: 初心者エンジニアの簡易メモ
移動: 案内検索

CloudBuildをOnへ

window/General/Services/CloudBuildをonへ

CloudBuildが使えるプランか確認

UnityTeasmAdvantedが必要なので、以下リンク先から確認

Unity/UnityTeams [ショートカット]

CloudBuild使えることを確認

  1. https://dashboard.unity3d.com/
  2. CloudBuild選択
  3. 連携してるUnityプロジェクト選択
  4. Configを開き
  5. "EDIT SOURCE CONTROL"のリンクが有効であることを確認

git連携

  1. https://dashboard.unity3d.com/
  2. CloudBuild選択
  3. 連携してるUnityプロジェクト選択
  4. Configを開き
  5. "EDIT SOURCE CONTROL"のリンクをクリック
  6. リポジトリ選択(githubとか選択してgitのプロジェクトを選択)

プラットフォーム選択

  1. Configを開き
  2. "SETUP NEW TARGET"ボタンを押して、プラットフォーム(WebGLとか)選択

Androidプラットフォームについて

  1. BundleIdを入力(com.example.~)
  2. keystoreのファイルをupload

iOSプラットフォームについて

  1. BundleIdを入力(com.example.~)
  2. プロビジョニング プロファイルをupload
  3. p12 ファイルをupload

CloudBuild実行

  1. historyからBuildボタンを押す

add a sceneエラーが出るとき

以下エラーがでるとき

There were no scenes configured to build! Please add a scene to the build using the Build Settings window of the Unity Editor.

Unityのメインメニュー/BuildSetting/SceneInBuildにAddOpenSceneを、クリックしてシーンを追加する

unavailableエラーがでるとき

loading logs; logs unavailable for this project & build.

暫く待つと治り、勝手にBuildが始まる。

WebGLプラットフォームについて

Asset Bundleビルド

  1. ConfigのAsset Bundle Optionsを選択
  2. "Yes, I'd like to build Asset Bundles"にチェックを入れ
  3. Bundles Base Pathにpathを入れる

Addressable Asset ビルド

  1. ConfigのAddressable Asset Optionsを選択
  2. "Yes, I'd like to build Addressable Assetsにチェックを入れる

BuildPlayerContentが見つからないエラーが出るとき

以下エラーがでるとき

Building Addressables: ERROR: Could not find BuildPlayerContent in Addressable Assets assembly.

Config/AddressablesBuildのチェックを外す

参考

https://www.fast-system.jp/unity-cloud-build-howto/